linkchecker リンク切れをチェックする。http://wummel.github.io/linkchecker/

端末叩くほうが効率が良いと思った日。最高気温予測38度の大阪にて。

リンク切れとなっている「ページ」はだいたい「404 Not Found」と表示されます。ブログでもなんでも小さなサイトでも、サイトを運営していれば定期的にリンク切れないかチェックしておく必要がありますが、めんどうなんですよね。当方も年に一度やればいいほうです。ブログなどで自動化された仕組みであっても、自分が書き換えてしまったらだめですからね。そこは注意でしょうか。

いくつか、Webサービスのものも含めて、不良リンクを探してくれるツールを使ってみました。当方は、Python2で書かれた以下を使うことに決めました。以前は慣れたwgetを使っていたのですが、下記ツールが示してくれる「Parent URL (つまりダメなリンクが書かれているページ)」を抽出してくれないので、手間なんですよね。

http://wummel.github.io/linkchecker/

インストールします。ArchLinux系(manjaro)で、Linkcheck とpamacで入力してでてきたのチェックします。GUIは動作しませんでした。
Manjaroの場合


Windowsでも使えるようです。WSLなら確実かと思います。

新規端末 CTRL+ALT+T

使い方の基本 コマンド URL  

$ linkchecker https://poor-user.blogspot.com/

画面と同時に テキストに保存されていきます。
$ linkchecker https://poor-user.blogspot.com/ | tee myblog.txt
直後に、このテキストを使います。スクロールバックでも良いですが。

404を訂正します。その前に見つけましょう。大量にある場合はスクロールはつらいので。

$ grep -B 5 'Result     Error: 404 Not Foundmyblog.txt

これでカンタンですね。結果的に不良404チームのブロック毎に、表示されますから、楽勝です。これは今エアプレイでして、実際にこのブログには現在リンク切れなどがありません。

ヒットしたら、上5行を表示するというgrepコマンドです。オプションは適宜触ってみてください。このままで困らないとは思います。

表示がなければ、404エラーはないということです。Unixコマンドは「便りがないのはよい便り哲学」で出来ています。この場合もだいたい合ってるかも。


404 の場合、リンク作成ミスなので、訂正します。

URL        `https://poor-user.blogspot.com/2018/06/eac-wavapetakttaflaccue-flac2.html'
Name       `EACやそのケーススタディ(2)'
Parent URL https://poor-user.blogspot.com/2018/, line 1651, col 39
Real URL   https://poor-user.blogspot.com/2018/06/eac-wavapetakttaflaccue-flac2.html
Check time 0.493 seconds
Result     Error: 404 Not Found
10 threads active,   261 links queued, 2162 links in 2433 URLs checked, runtime 56 seconds
    Parent URL 誤記リンクが書かれているページ
    Real URL   誤記リンクそのもの
ですから、
◎ Parent URLを開いて、
◎ Real URL   誤記リンクそのものを訂正します。

手作業。機械的に生成した場合今時ミスはないので、だいたい人間が編集した場合ですよね。


How to Multi/Dual boot :: Windows and Linux MBR での実際例

3つの以上のOSを破綻なくブート可能にする::MBR編

さまざまなディストリビューションを入れまくってから、最後に決めるのが一番ですから、いろいろ試してみましょう。

マルチブートの実例です。今回は以前に書いた原稿をもとに、MBRの場合を改稿しました。
Windowsはないと困るけれど、Linuxも使ってみたい。Windows7とWindows10の併存のような誰でもできるカンタンなDualBootはできるけれど、Linuxが絡むと難しいと考えるような方向けにまとめてみました。

まだMBRの方も多いと思いますので、実例を報告しておきます。2-3年かそこらの断面です。 現在の当方は、EFIブートで、全ディスクがGPT です。MBRと違い制約がないので楽ちんですね。 機会をみて入れ替えるとよいかと思いますよ。 また、VirtualBoxなどの仮想マシンではどうしても遅くなりますから、RAW=つまり本物を使ってOSは評価するのがやはりよいと考えています。

SSD容量とパーティション計画 MBR時代の実例

分割容量適用
/20Gいろいろ入れて8GB。12GB空き。*1
/home50GB40GB。不足気味。/homeは長く使うなら分けるべきかも。
swap9GBメモリ容量プラスアルファで全9GBくらい確保しています。
古いSSDの空きに。
/tmptmpfs最初はデフォルトで良い。fstabは慣れるまで触らないを推奨
*1=2年前、25GBで作成しましたが、gpartedで20GBに減らしたところです。到底使いそうにないので。

SSD1号 /dev/sda MBR/ブートローダ/GRUBはここに

DISK/PART用途適用
sda1Win7/Win10ローダNTFS チェインロードでWindowsのどれかを起動
sda2mint CinnamonEXT4
sda3ubuntu MATEEXT4
ex1HOMEEXT4 /home どのlinuxでも共通に。
ユーザー名を変えると楽。
ex2DATANTFS
ex3ディストロ評価完全実験用、ときどき起動しなくなる。

SWAP は必ずしもパーティションを必要としない

Linuxをいくついれようがswapはひとつで困らないと思います。また、最近のカーネルではファイルをSWAPとして設定できますから、専用パーティションは必ずしも必要ではありません。覚えておくとハッピーになれるかも。

転ばぬ先の杖 GRUBのMBRへの書き込み

SSD2=/dev/sdb に時々予備的にGRUBを書き込んでいます。いろんなディストロをいれて「お試し」するためにおもに使っています。メインが壊れてしまったときでも、インストールUSBメモリなどなしで、すんなり復旧作業に入れますよ。快適。

その他のおせっかい

ちょっと使ってみたいならライブISOでもいいです。SSDでも15GBとっておけばだいじょうぶです。本格的に使う可能性があるなら最初からディストリビューションの推奨どおりに割り当てたほうがよいです。めんどくさいです。
/tmpが少なすぎると困ることがありますので、運用次第ですが注意してください。RAMに割り当てると小さいわけで。
メモリ合計8GBあれば通常余裕です。現在4000円位でしょうか。 4GBあればライトなデスクトップ用途は十分かなと。VirtualBoxなどを常時起動するのであれば、8GBほしいところですね。めんどくさいので16GBです。
Cinnamonに比較してMATEはメモリ消費は少ないです。ですが、Windowsに比べると他のフレイバーも少ないです。あんまり気にかける必要はないです。8GB積んでいる場合、起動状態で1GBとすこし消費ってのを目安に考えてください。軽いブラウジング程度では4GBを超えることはまったくないです。SWAPも発生していないのと同じです。

無精者のバックアップ

マルチブートで、パーテションスライスを分けすぎると、バックアップ計画がめんどうになります。/home を独立させるぐらいが楽でいいと思います。 ざくっとな!!です。/home は分割していますので当方は10年以上引き継いて使っています。細かい設定ファイルもそのまま軽い調整で継続できます。考え方次第です。/homeも含めて1パーテでも良いかもしれませんが、アップグレード時によりめんどうな作業が発生しますので、ゼロから環境を構築するのが苦にならない人、レストアしながらでいいやと思える人以外にはあまりおすすめしません。

おまけ::今日の私のメインSSDの構成/UEFIブート、現在GPTです。(上記のMRRではありません)



  • 2番目::/boot/efi Windows10と共用 FAT
  • 8番目::/home 各Linuxで共通のEXT4
  • 自分の結論:: UEFIブートがもっともシンプルに構成できていい。
  • BIOSでの uefi bootのセレクター"も"使いやすいので、なんとでもなるかんじです。