Mondo Rescue バックアップ

私の結論、12.10については、http://poor-user.blogspot.jp/2012/12/linuxtime-machine.html で対応。12.04では以下通りで使えると思います。


インストール

あちこちに12.10へのHow2が掲載されていますが同じ元ねたのようです。IBMやNASAなどアメリカ政府機関などでも使われているバックアップツールということで、エンタープライズレベルに対応できる可用性を持っているそうです。 画像はオリジナルサイトから。

wget ftp://ftp.mondorescue.org/ubuntu/`lsb_release -r|awk '{print $2}'`/mondorescue.sources.list
sudo sh -c "cat mondorescue.sources.list >> /etc/apt/sources.list"
sudo apt-get update
sudo apt-get install mondo
起動といいたいところですが、ftp://ftp.mondorescue.org/ubuntu/12.10/はそもそも存在しません(なかったので探したわけで)。なんで、これらの記事が成立しているわけ?! 重要な役割を担うツールなので今回は導入は見送ります。少なくとも同じ記事が3箇所にあっていずれも12.10とあるわけで、誰も検証してないでしょ。(笑)バージョンを返すからいけるはず!!というよくある話です。だいたい2-3ヶ月遅れで対応されているみたいです。年明け1月ぐらいでしょうか。
sudo mondoarchive
Mondo Rescueについては、あちこちで言及されていますので、検索してみてください。

12.04/mint13なら上記コマンドが有効のはずです。だめなら
ftp://ftp.mondorescue.org/ubuntu/12.04/mondorescue.sources.list

deb ftp://ftp.mondorescue.org//ubuntu 12.04 contrib
deb-src ftp://ftp.mondorescue.org//ubuntu 12.04 contrib

をダイレクトに。

同様の理由で、remastersys も12.10では保留。追記、サイトで公開されました。130008確認。