LinuxでもTime Machine が使いたい

6年ぶり追記::過去に遡る、timeshift 

システムバックアップは timeshift . もう完全にこれです。ubuntuでもmanjaroでもTimeshiftでご機嫌です。とても信頼しています。

  • Boot時、毎日、週、月、毎時などでバックアップがとれます。
  • SNAPSHOT(rsyncが背後で動作)が気軽にとれます。オンデマンドでも。
  • 何かあればレストアもカンタン。2桁回はレストアしていますのでかなり信頼しています。画面環境ではトリプルブートですがトラブルフリーです。
  • ディストロの一時的な入れ替えなどでにも使えます。


自分にとってかなり理想的なスナップショットバックアップです。画面キャプチャは、LVMのストレージに「放置でSNAPSHOT」を取得している図です。余った300GB程度のディスク利用でもRsyncとハードリンクを使っていますから、100世代SNAPSHOTぐらいは楽勝かと思いますよ。保存先をNASに設定してももちろんOKです。使いやすいしとてもいいです。ぜひお試しを。LinuxMINTではデフォルトです。

以下過去稿

Clonezilla,Redoなどベアメタル系バックアップ

これまで、ベアメタルバックアップを主に使っていました。Clonezillaなどです。起動SSDは、4つのOSが入っています。思いついた時に、まとめてバックアップしています。4つで45分位です。70GB/128GB。Redoと併用していましたが、12月からRedoメインにするつもりです。

  1. / は、ReDoで丸ごとバックアップ。SSD丸ごと。4OS/Win7も含め。
  2. /home に関しては、DejaDupでバックアップ。
  3. /home の定義ファイルや、~/binなどは、Dropboxでも同期。

だいたいこれで特に不満もなくこれています。2.-3.で困ることはなかったのが実情で十分便利です。

しかしながら、年末なので、いろいろ整理を兼ねて、Linux系バックアップツールをいろいろ調べて直してみました。以前、不具合があって運用を諦めたツールなども最新状態で、開発が続いているか、評判はどうかなどをあらためて見て回った結果、すこし考えが変わりました。

結果的には、次を加えることにしました。

タイムマシン風BackInTime

Back In Time (MAC OS XのTimemachineライクなバックアップ)

追記、レストアしてみました。バックアップは速いものの、レストアは笑えるほど遅いです。時間がとられてしまいます。勘違いでなければ、こりゃ、合わないや。ってかんじです。保険をかけておく意味でのバックアップと位置づけることにしました。

性格的に相性がよさそうでずっと使いたかったTimemachine風ツールです。しっかり進化していました。素晴らしい。感謝です。このたびから運用開始することにしました。インターフェイスもこなれていてとても設定しやすかったです。
運用方針としては、

  • Back In Time(root) で、全体を丸ごと。
  • Back In Time ユーザー権限で、/homeをまるっと。

放置プレイで動作させています。レストア事態にはまだ陥っていません。
ppaで最新安定版を導入できます。

Time Machine がほかのバックアップアプリケーションと違うのは、すべてのファイルの予備のコピーを保存するだけでなく、特定の日に、システムがどのような状態にあったかを記憶していることです。だから、いつでも過去のあなたの Mac にタイムトリップできます。Time Machine では、バックアップディスクの容量がいっぱいになるまで、過去 24 時間分のバックアップが毎時間、過去 1 カ月分のバックアップが毎日、および毎週のバックアップがそれぞれ実行されます。http://support.apple.com/kb/HT1427?viewlocale=ja_JP&locale=ja_JPより。
MAC OS Xはよく知らないのですが、/ 全体も取得できるという意味ではもしかして、BackInTimeのほうが高機能なのでしょうか? もっともネーミングを除けば、画期的な機能がもともとあるわけではなく、WindowsなどでもAcronisなどで同じようなバックアップ方法を採用している人も少なくないでしょうね。

除外指定。大容量ディスクをマウントしている場合、次はエクスクルードしておかないとびっくりすることになりますのでご注意を。

/mnt
/media

以下のファイルはバックアップされなくてもだいじょうぶみたいなので、こちらも除外指定しておくといいみたいです。

[E] Error: rsync: readlink_stat("/run/user/*/gvfs") failed: Permission denied (13)

apt-gertfs-snapshot

さらに、btrfsを使いはじめたNewBeeのとっつきとして、apt-btrfs-snapshot をこれに加えてみます。aptでいろいろいれてしまって不安定になった状態をロールバックするためのツールです。btrfsは私にとってまだまだ謎だらけで、本格運用とは程遠いものの、その第一歩としてはじめてみます。※btrfsはFSが壊れてしまったので、事実上の運用中止です。

バックアップ先はざっくり確保

いろいろ併用していますので、なんとでもなるなと、楽観的な私は思うのであります。物理的、ネットワーク的に切り離したHDD、ストレージをバックアップ先にしており、計2TBを割り当てています。ざくっと設定したほうが楽ちんですしね。