2018年6月30日土曜日

HW支援しつつ、ffmpegで動画/画面キャプチャーをしてみましょう。x11grab

FFmpeg モニター画面を録画しよう。画面と音声のキャプチャーを行う。

それなりに研究して以下に落ち着きました。
HWアクセラレーションはVDPAU。画面サイズはFHD。4Kの1/4です。
音声はパルス取り込み。

新規端末 CTRL+ALT+T

次の1行でいいです。4Kで左上1/4(1920x1080/FHDの範囲を録画します)
ffmpeg -hwaccel vdpau -probesize 128M -vsync passthrough -y -f x11grab -video_size 1920x1080 -i :0.0+0,0 -c:v h264 -f pulse -ac 2 -i default SCREEN_日付時刻.mkv  

ffmpeg4.0(アーリー)対応版、音声デフォルトパルス取り込み版 

左上1/4エリアにかかったモノは全部録画されます。 

デジタルだけど、意味合い的にはアナログ録画みたいなもんです。 
けっこう劣化しちゃってますね。 

それにしても、たかだかこのFHD程度でも処理速度に不満が残る。 
GPUを速くするしかないのかなぁです。 

とりあえず、オプション研究してみて安定化、警告なし動作ができた。 

もしかすると、録画しながら、それをリアルタイム再生しつつ、それを同時に録画 
ってできるかな。鏡の2枚合わせみたいな。悪魔がでてくるのでやめとこう。
#
これでいろんなエラーもでないですね。うまくキャプチャーできるはずです。人並みのCPUであるAMD Ryzen7ですが、ちょっと処理速度に不満あり。自分的にはなかなかよいかんじに仕上がったので、スクリプトに仕込みました。

参考にしてみてください。また、よりよい改訂やご助言があれば教えてください。




0 件のコメント:

コメントを投稿