2018年7月5日木曜日

How to install Real-Time kernel in Manjaro Linux.

Realtime kernel 低遅延カーネルを導入する。 manjaro Linux Real-Time Kernel.

manjaroLinuxの場合/リアルタイムカーネル導入になります。主に、jack などの場合に使っています。




新規にターミナル(端末)を開きます。CTRL+ALT+T
manjaro-settings-manager 

セッティングマネージャーが開きます。ペンギン(カーネル)をクリック。



セッティングマネージャーのペンギン=カーネルを選択クリックしました。カーネル画面になります。遷移した画面です。これでは薄いオリーブ色っぽい「real-time」と「LTS」に注目してリストを眺めてください。


たいてい、Real-Timeと表示されているカーネルがおそらく最低ふたつあるはずです。どちらかに決めて(両方でもOKではあります)、右のインストールボタンを押します。それだけです。選ぶのはやはり最新にあたるLTSが無難でしょうか。再起動時に、Grubアドバンスメニューで起動したいカーネルを選択してください。

プチ知識::

LinuxカーネルのLTSとubuntuなどディストロのLTSは意味あいが違います。カーネルに関していえば、だいたい年末前後(冬)に新しいLTSがでます。2018/07/02現在では、4.4系列が最新のLTSだったと思います。arch系はその意味でわかりやすいです。