2015年3月9日月曜日

Bluetooth A2DP Headphone デバイスがうまく接続できない場合

参考:pulseaudio が見つからない。A2DP接続は完了するが音がでない。16.04LTS

微妙におすすめ。2017年版 A2DP Bluetooth headphone のスムースなシンク切り替えツールを公開してみました。
 

14.04LTS Bluetooth A2DPが有効にならない場合。ubuntu/mint




以下、14.04LTSの際に行っていた手順です。16.04LTSでは当方の環境では以下の
/etc/bluetooth/audio.conf はありません。
手短に。

sudo gedit /etc/bluetooth/audio.conf

以下のファイル内容に差し替えるか、書き換える。オリジナルは保存しておいてください。
A2DPで正常に接続するが機能しないトラブルがこれでなくなりました。
幸運を! 正しい記述かどうかは自信はありません。いろいろ見たものを
最終的には独自に試行錯誤してみたものなので。解決策にゆらぎがあります。
15.04,15.10はOSインストール中に、Bluetoothで音楽再生できます(=つまり、A2DPで接続されているってことです)。

SONY MDR-ZX750BN で試行。

幸せになれるかもしれない呪文。
pactl load-module module-bluetooth-discover
sudo service bluetooth restart

sudo killall pulseaudio

※参考 pactl load-module module-alsa-sink device=bluetooth

$ sudo apt-get install pulseaudio pulseaudio-module-bluetooth bluez-audio pavucontrol bluez-firmware bluez-tools blueman

以下設定ファイル
# Configuration file for the audio service
# sudo gedit /etc/bluetooth/audio.conf
# This section contains options which are not specific to any
# particular interface
[General]

# Switch to master role for incoming connections (defaults to true)
#Master=true

# If we want to disable support for specific services
# Defaults to supporting all implemented services
#Disable=Gateway,Source,Socket
Disable=Socket
# ↑NGならEnable にしてみる。
# SCO routing. Either PCM or HCI (in which case audio is routed to/from ALSA)
# Defaults to HCI
#SCORouting=PCM

# Automatically connect both A2DP and HFP/HSP profiles for incoming
# connections. Some headsets that support both profiles will only connect the
# other one automatically so the default setting of true is usually a good
# idea.
AutoConnect=true
#だめなら、コメントアウトか、falseにしてみる。
# Headset interface specific options (i.e. options which affect how the audio
# service interacts with remote headset devices)
[Headset]

# Set to true to support HFP, false means only HSP is supported
# Defaults to true
####HFP=true
HFP=false
HSP=false
# 当方には不要なので。>>HSP HFP。 わけわからん。

# Maximum number of connected HSP/HFP devices per adapter. Defaults to 1
MaxConnected=1

# Set to true to enable use of fast connectable mode (faster page scanning)
# for HFP when incoming call starts. Default settings are restored after
# call is answered or rejected. Page scan interval is much shorter and page
# scan type changed to interlaced. Such allows faster connection initiated
# by a headset.
FastConnectable=false

# Just an example of potential config options for the other interfaces
#以下がもっとも効いている気がする。
[A2DP]
SBCSources=1
MPEG12Sources=0

#BlueZ