2016年2月7日日曜日

Opensource 化で、AMD GPU driver は、2016年以降、期待が持てる。

http://news.softpedia.com/news/amd-going-open-source-with-amdgpu-linux-driver-and-gpuopen-tools-497663.shtml

Linuxerのための期待と考察:3行

これまでもAMDはオープン戦略をとっていましたが、更に加速します。
  • AMDはLinuxのGPUドライバとツールをオープンソースにする。
  • プロプライエタリドライバソースが概ね公開される。
  • 結果(勝手に)期待できる恩恵を多くの人が享受できる(かも)。
 勝手すぎる期待です。

個人的には、fluid motion video が安定してlinuxでも使えるようになるとうれしいですね。

-----
ちょいメモ

追記、16.04beta試している範囲でいえば、新しいバージョンのAMDドライバ、とてもいいです。
プロプライエタリドライバはなくなってもいいです。はい。

追記、2016-04-12現在。これでブラッシュアップされていけばいいのではないかと思います。
当方の場合、R600ドライバですね。VDPAUの問題を除けばとても具合がいいです。

ii  xserver-xorg-video-amdgpu                   1.1.0-1                                    amd64        X.Org X server -- AMDGPU display driver
ii  xserver-xorg-video-ati                      1:7.7.0-1                                  amd64        X.Org X server -- AMD/ATI display driver wrapper
ii  xserver-xorg-video-radeon                   1:7.7.0-1                                  amd64        X.Org X server -- AMD/ATI Radeon display driver

ii  mesa-vdpau-drivers:amd64                    11.2.0-1ubuntu1                            amd64        Mesa VDPAU video acceleration drivers