bash便利帳 ブレース展開、

自分に便利なワンライナーの雛形

ダミーテキストを作ったりする場合

同じ内容のテキストファイルを1000行作る。for文。
for i in {1..1000}  ; do echo こんにちは。>>こんにちは2.txt ;done ↲

{}内がブレース展開される。結果1000回こんにちはする。
#zshでは、単一コマンドの場合、do/doneを省略できる。
for i in {1..1000}  ; echo こんにちは。>>こんにちは2.txt ↲

#複数の動画ファイルの幅を調べる
mediainfo *.mp4 | grep Width |cat width.txt | perl -pe 's/^.*\: //,s/(\d) (\d\d\d)/$1$2/' | grep -oP '\d{3,4}' | sort | uniq ↲
mediainfo では4桁の場合、空白が入る「1_920」ので、それ[ ]を削除しています。


#再生する動画ファイルの横幅を調べて、変数に格納する。シェルスクリプト内で使うと便利かも。
PIXELS=`mediainfo "$1" | grep Width |perl -pe 's/(\d) (\d\d\d)/$1$2/' | grep -oP '\d{3,4}'`
echo "Width $PIXELS pixels."

たとえば昔のビデオカメラ映像は小さいので、思い切り拡大して再生する。画質がよくなるわけではありませんけれど、幅に応じて拡大サイズを指定すると便利です。

case "$PIXELS" in

        320)
        mpv --window-scale=6.0 "$1"
        ;;
        1920 )
        mpv "$1"
        ;;
        *)
        mpv --window-scale=1.0 "$1"
        ;;
esac

--window-scale=6.0 は、mpvのオプションです。キーボードでもできます。マウスでもできますが、ちょっと確認するだけなら操作は少ないほうがいいですよね。

大型4k所持者も少しづつ増えてきたので、 FHDは、
mpv --window-scale=1.5 "$1"


にしておいて、クリックで全画面に移行させるというのもいいかもしれません。
#ソースになぜか全角がまじっていたら、半角に直してください。