2016年1月27日水曜日

How to convert m4a to flac. appleロスレス圧縮をFLACに一括変換するコマンド

ロスレス圧縮のハンドリング

たまには、Windowsの話題。
アップルロスレス形式m4aをflacにしたいというニーズに応える。

Windows10,Windows7など。forfilesは、旧石器時代のマイクロソフトコマンドプロンプトを冷戦時代レベルにしてくれるWindowsの新機能らしいです。21世紀レベルは別に用意された模様。これは便利なんですね。

ffmpeg をパスの通ったディレクトリに配置しておく。
以下黒フレーム内1行をm4a2flac.cmd として保存。

たとえば、D:\iTune > m4a2flac.cmd
と実行。配下のm4aがぜんぶflacになります。オリジナルファイルは削除させていません。生成されます。

以下の例は64bit版での実行

m4a2flac.cmd アップルロスレス形式をflacに変更・生成 



forfiles /M *.m4a /c "cmd /c ffmpeg64.exe -y -i "@file" "@fname.flac"

flac2m4a.cmd flacをアップルロスレス形式に変更・生成



forfiles /M *.flac /c "cmd /c ffmpeg64.exe -y -i "@file" -c:a alac "@fname.m4a"

MACやLinuxなどの人は、find 使ってやるいつもの「おされな」ルーティンワーク。

よくわからない?! たとえばこうする。


  • c:\binにパスを通す -->ググって!
  • ffmpeg をc:\bin におく。
  • 必要なバッチファイルをc:\binにおく。

ffmpegのダウンロード。私がWindowsで使っているのは、
http://sourceforge.net/projects/unimediaserver/files/latest/download?source=files
これを落としています。Windows版はこの中にffmpegが入っています。64bit版も。

本来のサーバーは起動しなければいいので、ffmpegをもらって(c:\binにコピーして)、アンインストールしてもいいかもしれません。メンテされているバイナリ(Stable版)なので信頼して使っています。

このuniversalamediaserverはかなりオススメですけどね。 Windows版を使う機会は100日中2日ぐらいなのでアレですが。